トップ > 育て方 クロップペディア

育て方(Cropペディア)

ナス

ナス科ナス属

ナスはインド原産ですが、奈良時代には日本で栽培されていました。花が咲くと必ず果実になるナスですが、水やりが重要で土が乾くと栽培が難しくなります。初心者は苗から育てるのが簡単です。

発芽適温: 25℃~30℃

生育適温: 15℃~30℃

適正ph :

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき・
植付け
収穫

※栽培スケジュールは目安です。栽培環境、栽培地域の気候により、栽培期間がずれることもあります。

栽培方法

1. 準備

【畑】栽培期間が長いので、深く耕しておきます。育苗ポットを準備します。
【コンテナ】育苗ポット、培養土、深さのあるコンテナを準備します。

2. 種まき

培養土を入れた育苗ポットに4粒ほど種をまきます。発芽適温が25℃から30℃ですので、温度管理が重要です。

3. 植付け

本葉が2~3枚になるまで間引きし、ひと株を残します。定植は原肥をしっかりと施して株間60cmほどで。コンテナの場合は株間を40cmほどあけましょう。

4. 世話

枝が混んで来たら、わき芽を摘んで整枝します。枝がのびたら、支柱を立てて誘引します。最初の果実ができたら、一週間に一回の追肥を忘れないようにしましょう。

5. 収穫

収穫は、種まき後90日くらいから。実の大きさが10cmから15cmくらいで収穫します。収穫が遅れると皮や種が硬くなるので早めの収穫を心がけましょう。

もっと読む

栽培日記(Cropノート)